リハビリ求人(PT・OT・ST・機能訓練指導員)

当サイトではリハビリ求人をお探しのPT・OT・STの方にリハビリ求人が見つかる求人サイトや転職に役立つ情報をご紹介しています。

リハビリ職の活躍の場は広がっている

医療機関のリハビリステーションなどで活躍しているPT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)。

これらリハビリ職の仕事内容は医療現場において身体に障害がある方の身体の機能を回復させる事になり、1日でも基本的な動作をできるようにサポートしていきます。

もちろん、リハビリ職には専門的な知識と技術が必要なため国家資格を取得する事ができなければリハビリ職に就く事ができません。

そして、リハビリ職とひとことで言っても複数の職種があり、上記で述べた、PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)になり、それぞれの職種でリハビリ療法も異なるため、必要になる知識や技術も異なってきます。

このリハビリ職ですが、近年では介護業界での活躍の場も広がり、介護業界では機能訓練指導員として活躍する事ができます。

介護施設にも身体に障害を持っている方や身体が不自由な方もおり、機能訓練指導員はそういった方の身体の機能回復をサポートしていきます。

介護施設では機能訓練指導員の配置が義務付けられているので、介護施設が増える事でPT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)が活躍できる場もどんどん増えていく事でしょう。

機能訓練指導員求人.comのような機能訓練指導員に関する情報や機能訓練指導員の求人を見つけられる求人サイトを紹介している情報サイトもあり、それだけ介護業界の機能訓練指導員の需要も高くなっているのでしょう。

機能訓練指導員として介護業界へ飛び込むには今がチャンス

現在、リハビリ職の仕事探しをしている方は介護業界の機能訓練指導員として働く事も視野にいれてもらいたいと思います。

介護業界はこれから先、楽しみな業界のひとつになり、ますます必要性や需要も高くなると言われているので将来性もしっかりあるといえます。

リハビリ職ではありませんが、介護士として介護業界へ転職をしてくる方も年々増えてきていますし、介護士への就職や介護士資格の取得を支援してくれるスクールも増えてきています。

【関連サイト】
介護職員初任者研修を最短で資格取得

このように現在、介護業界への就職は行いやすい環境になっているので機能訓練指導員として介護業界へ飛び込むには今がチャンスかもしれませんね。

リハビリ求人も増加傾向にある

リハビリ求人も年々増加傾向にあると言えます。

従来の医療機関でのリハビリ求人もありますし、先ほどご紹介した介護業界での求人も増えてきているので現在、PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)の働き口は多くあると言っていいでしょう。

高齢化が進んでいる現在、リハビリが必要な高齢者の数も多く、リハビリ職の需要は高まりつつあります。

今後も今以上に高齢者が増えると言われているので今以上に需要が高まると言われていますね。

現在でもリハビリ職の求人は売り手市場になっていて働き口に困る事はないと言っていいでしょう。

上記でご紹介してきたように医療機関の他にも介護業界での活躍の場が広がってきてもいるので自分に合った職場も見つけやすくなっていますよ。

介護業界の将来性と需要

介護業界への就職・転職を考えた時、気になる事が介護業界の将来性や需要になると思います。

介護業界だけではなく、どの職種でもそうですが就職・転職をする際にはその職種には将来性があるのか、需要が高いのか、という事も頭に入れなければいけません。

介護業界に就職・転職をしたがいいが将来性がなかったり、需要が低いとまたすぐに転職をしてしまわなければいけない事になってしまう可能性もありますからね。

気になる介護業界の将来性と需要ですが、介護士は将来性もありますし、重要も高いといっていいでしょう。

上記でも述べましたが現在の日本は高齢化が進んでいます。

高齢を迎える人も年々増加傾向にあり、自分一人で生活をする事が困難な高齢者も増えてきています。

介護福祉士のお仕事は自分1人で生活をする事が困難な高齢者の生活をサポートする事です。

高齢者が増えるという事はそれだけ介護士の数も必要になってきますよね。

介護施設によっては介護士の数が不足していて高齢者を受け入れらないという施設もあり、介護士を必要としている施設は多くあります。

今後もますます高齢者は増えていくと予想されているので、介護福祉士の重要は今以上に高くなるといっていいでしょう。

ページトップへ