リハビリ求人(PT・OT・ST・機能訓練指導員)

当サイトではリハビリ求人をお探しのPT・OT・STの方にリハビリ求人が見つかる求人サイトや転職に役立つ情報をご紹介しています。

医療の現場から介護業界へ転職をする方も増えている

介護業界で欠かす事のできない職種『機能訓練指導員』。

介護施設の利用者の身体の機能回復をサポートする事が主な役割・仕事内容になります。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の資格があれば機能訓練指導員として働く事ができ、介護施設が増えている現在、介護業界での機能訓練指導員の需要は高くなりつつあります。

以前までですと理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのリハビリ職の主な職場は医療の現場やスポーツ施設でしたが、医療の現場から介護業界へ転職をする方も多くなってきていますね。

機能訓練指導員求人を見つける事ができる介護業界専門求人サイト

機能訓練指導員の求人も豊富に見つける事ができるので働き口に困る事は少ないと言っていいでしょう。

介護業界の求人を専門的に扱っている求人サイトを利用する事で機能訓練指導員の求人も豊富に見つける事ができ、様々な介護施設の機能訓練指導員求人を見つける事ができますよ。

介護施設といっても様々な施設がありますので、自分に合った働き方ができる施設の求人も見つかりやすくなる事でしょう。

介護業界専門求人サイトでは求人探しのサポート体制も万全ですので効率よく求人探しをする事もできますし、利用するメリットは多くありますので機能訓練指導員の求人を探す際には是非、介護業界専門求人サイトを利用して求人探しを行って頂きたいと思います。

機能訓練指導員にコミュニケーションスキルは必須

介護施設の機能訓練指導員にはリハビリに関するスキルはもちろん必要になりますが、他にも利用者や周りのスタッフとうまく接していくためのコミュニケーション能力も必要です。

医療現場でのリハビリ職にもコミュニケーション能力は求められますが、介護施設の利用者は高齢者ばかりになります。

高齢者の方とうまくコミュニケーションをとるのはそう簡単な事ではないんですよね。

ですので、コミュニケーションについても日々勉強しながら仕事をして行かなければなりません。

また、介護施設には機能訓練指導員の他にも介護士、看護師などのスタッフも一緒に働いていて、他の職種のスタッフともうまくコミュニケーションをとっていかなければいけません。

スタッフ同士の人間関係が悪かったり、連携が悪いと仕事にも支障をきたしてしまい利用者に迷惑がかかる事になるので介護施設で機能訓練指導員として働く際にはコミュ二ケーションを大事にするという事は必ず頭にいれてもらいたいと思います。

ページトップへ